尿失禁は専門医に相談~早期相談で悩みスッキリさようなら~

男性

恥ずかしいなんて思わない

困る

尿漏れを機能性疾患と理解し、自分にできる対策を専門のアドバイザーと一緒に解決することがとても重要です。昨今では、産婦人科はもちろんの事、泌尿器科の医師やスタッフも女性が多くなり、尿漏れ外来も多くなっています。恥ずかしいと思わずに、まずは専門医のドアを叩いてみましょう。

View Detail

女性に多く見られる症状

女性

尿失禁は、年配の女性に多く見られる病気です。自分の意思とは反対に、尿が勝手にでてしまいます。この症状の対策として、骨盤底筋トレーニングが有効です。骨盤は尿道をコントロールできるので、尿が漏れるのを防ぎます。簡単な運動なので、こまめに行うと良いです。

View Detail

女性の尿トラブル

女の人

中年期の女性に多い尿漏れは腹圧性尿失禁と呼ばれるものである。これは出産や女性ホルモンの分泌の減少などで骨盤にある骨盤底筋がゆるむことで起こるとされる。治療には腹圧のかかりやすい肥満や便秘を解消することの他、骨盤底筋を鍛えて尿漏れ改善のメリットが高いとされる骨盤底筋体操、薬物治療、手術等がある。

View Detail

中高年の悩み

先生

さまざまな名称で

自分の意思に関係なく、我慢をしたいと思っていてもおしっこが漏れてしまう現象を尿失禁と呼んでいます。原因に挙げられるのは膀胱や尿道の問題により起こってくるものや、尿意を感じていないのに出てしまうものや、トイレをする場所がわからずにおこるものがあります。尿道に問題がある場合は腹圧性尿失禁、膀胱に問題があるときには切迫性尿失禁、尿道以外から尿が出る尿道外尿失禁、膀胱から尿をきちんと出せない溢流性尿失禁の四つのタイプがあります。尿意を感じたりトイレの場所がわからないで起きる失禁は機能性尿失禁と呼ばれています。それぞれ尿道や膀胱の筋肉が閉まっていなければならない時に広がっていたり、広がらなければならない時にしまったりしていて起こってきます。

過活動膀胱もあります

膀胱や尿道に問題がなくて、認知能力が低下してきてしまったり手や足の運動能力の低下によって起きる失禁を機能性尿失禁と呼んでいます。認知症が重症化してトイレの場所がわからなくなったりチャックの下ろし方がわからなかったり、排尿の仕方を忘れてしまった等これらで起こる失禁も機能性尿失禁と呼ばれています。中高年者の2割程度の人が排尿の問題を抱えていて、特におしっこが近くて困るという悩みを多くの人が抱えています。このおしっこが近いという現象は尿量が多くて頻尿になったり、膀胱の容量が小さくて起こってしまうことがあります。最近では仕事にも集中ができないくらいの尿意をもよおしてしまい、頻尿が大きな特徴になっている過活動膀胱の問題が大きくなってきています。